無料の麻雀オンラインゲームを探しているならココ!登録してスグに遊べる。オンラインの世界でトップ雀士を目指せ












無料の麻雀オンラインゲームなら
ハンゲームがオススメですYO

サイトに入ったら、画面左の
「無料会員登録はこちら」をクリックです
登録してすぐに遊べます☆
『僕もやってますが、メチャクチャ燃えます!』



戻る

科学する麻雀

科学する麻雀

人気ランキング : 22624位
定価 : ¥ 777
販売元 : 講談社
発売日 : 2004-12-18

価格 商品名 納期
¥ 777 科学する麻雀

論理派雀士、最右翼による革命書

データ麻雀時代の寵児、とつげき東北氏による麻雀戦術書。論理派雀士の最右翼である著者が、数理を武器にこれまでの麻雀セオリーを次々とメッタ斬り、新たな定石を提唱する。極論もあり鵜呑みにすべきではないが、麻雀への凝り固まった先入観が吹き飛ぶことウケアイの書。

物足りない

ここまで数学的に書いた本はなかったので、結構楽しめました
しかし、実践味に欠けているのが残念なところ
理屈メインだからしかたないのでしょうが・・・
とことん数学的にというわけでもなく、中途半端な印象を受けました
個人的には「アンチ流れ論」的な文章もないほうが良かったかと

ネット麻雀の分析で、麻雀の科学と言えるのか?

 まずこれだけのかなり高度な分析にされたことついては、敬意を表します。私には、この本の分析は難しくて理解できません。しかしこういう分析が、麻雀なのかと思うと私は少し違うのではという思いと、もう少し違う形で麻雀の分析をしてほしいと思いレビューを書こうと思いました。
一.手積みと全自動では、麻雀が変わってしまいました。
私の感想では、「アナログ」とか「流れ」を重視する人に不利になった感じがします。「デジタル」的な打ち方の人に有利に働くようになったと思います。
二.ハンゲーム麻雀の感想ですが、全自動からネット麻雀になってからは、「流れ」とか「ツキ」の入り込む余地が非常に少なくなったと思います。
 私は手積みの時代は、「ツキの偏り」や「流れ」とか感じましたし、全自動時代でさえ、そういうものを意識して打ってました。「根拠をしめしてもらえますか」と言われても残念ながら記録がないのですが、私の経験した「ツキの偏り」みたいなものを書かせてもらいます。
一.3444567という形の4面チャンが、3・5という形のカンチャンに負けた。
二.国士無双を3、4順目に見逃された人が、大三元に振り込んだ。
三.うる覚えですが、7連勝だったかな?に同席しました。
 確率で計算するとすごい数字になりそうですが、いかがですか?あとネット麻雀でなく実戦の麻雀をデジカメで四方から撮影して分析して欲しいのです。分析内容も、細かい内容を分析してほしいのです。和了した人と放銃した人の次回のリーチ成功率と一発率プラス前回の和了形はどういう形だったのか?面前だったのか、鳴いていたのか?他の3人はベタオリしたのか、それともなんとかリーチを捌こうと前に出た人はいるのか?そういうことが次回の4人の配牌に影響するのか?そういう細かい事を分析の材料に入れて欲しいのです。そうすればかなり精密な麻雀の分析ができるのではないかと思います。



 

情報を整理出来る人でないと(この本を読むのは)難しい

この本に書いてあることは極めて簡単です。可及的速やかに良形でのテンパイをし、先制リーチをかける、これだけ。要するに、当たり前のことしか書いていません。しかし、その当たり前が出来ない人が多すぎるために、作者であるとつげき東北氏はこれを書いたのです。そして、それが出来なかった場合にどうするかもきちんと記されています。ベタオリの仕方、愚形テンパイでリーチをかけるかどうか、先制リーチ出来なかった場合どうするのか。etc、etc。
何よりも、氏自身が強い打ち手であるということです。プロが書く本が売れるのはプロ=強いという認識があるからに他なりません。ただの一般人が麻雀の本を書いても売れませんし、誰も出版してくれません。しかし、既存のプロたちが書いた本の9割5分くらいは読むだけ無駄です。どこを読んでも抽象的で、具体的なアドバイスはほんの少し。はっきり言って話のネタくらいにしかなりません。この本は、麻雀の強い人が「何故自分が強いのか」を、きちんと書いたものなのです。そんな本はこれまで私の知る限り、せいぜい2,3冊しかありません。プロの価値が疑われても仕方ないでしょう。いくつもの団体があり、数多くのプロがいるのに、たった1人の素人に「本来なら自分たちやるべきこと」をほとんどやられてしまっています。間が抜けていると言わざるを得ません。

短期間で上級者にしてくれる本

この本の通りに打つだけでは超のつく上級者にはなれないかもしれませんが、そこそこ勝てるようにはなるのは確かでしょう。今の麻雀プロ相手でもたぶんあまり負けないのでは?
多くの麻雀ファンの実力アップに貢献する良書です。

「流れ」については賛否あるようですが所詮定義の問題なので、ただ麻雀が強くなりたい人は、その辺の論議にあまり拘わる必要はありません。
そんな難しい話はもっと強くなってから考えましょう(笑)

ハンゲームの登録方法


麻雀オンラインゲームを
するならやっぱり、 「ハンゲーム

ハンゲームトップページ

正直、ココが一番ユーザーが多くて、
操作がやりやすいです

しかも無料なので・・・

@「ハンゲーム」に入って、画面左上の
「無料会員登録」をクリック

ハンゲーム無料登録画面

◇ハンゲームID
◇パスワード
◇性別
◇生年月日
◇住まいの都道府県
◇メールアドレス

のみの簡単登録♪
会員登録が終わったらログイン!

B画面真ん中の
「---ジャンルからゲームを選ぶ---」
から麻雀Uを選んで参戦!!

一体、おれは全国で
どのくらいのレベルなのか??

国内最大級の麻雀
オンラインゲームで、さぁ腕試し!!
(↓↓クリック出来ます)

ハンゲーム

麻雀オンラインゲーム


麻雀ってかなり奥が深いですよね 私は麻雀暦15年になりますが、未だに解けない謎も多いです

「麻雀って運じゃないの?」なんて言う人もいますが・・・

私は、麻雀は統計学だと思います。 しかし、その計算ももろくも崩れ去るのが麻雀の面白いところ!

ところで、麻雀のオンラインゲームはされたことありますか?

私もいろいろ試しましたが「ハンゲーム」の麻雀が一番アツイです

上級者もかなりいて、楽しめます

でも、オンラインの麻雀だから相手の表情からロンハイを読んだりとか そういうのは出来ないですね

でもいろんな人と麻雀出来るので十分です

やっているとリアルの麻雀より面白い時がありますよ

オンラインゲームとは


ネット上には「オンラインゲーム」 と呼ばれるものがあります

これは文字通り オンライン=インターネット上で プレイするゲームです

オンラインゲームの普及とともに、最近は無料のものも増えてきました。

オンラインゲームの特徴は、 ネットを通じて他のユーザーと接触することができることですね

私もハンゲーム等の無料ゲームでしのぎを削っていますよ

オンラインの種類には 囲碁や将棋など、ネット上で対戦するものから 「MMORPG(Massively Multiplayer Online Role Playing Game/多人数参加型ロール・プレイング)」までありますね

信長やFFなんかもオンラインでやると 面白いです

オンラインは、基本的には、 ネットにつながっているパソコンなら、 必要なソフトさえあれば問題なくプレイできるものが多いですが、 中には性能が高いパソコンしか動作しないものもあります


このページのトップに戻る
麻雀のオンラインゲームを無料でやる!』is realized by Web service of アマゾン
Copyright 2006 麻雀のオンラインゲームを無料でやる! All rights reserved.